2011年8月31日水曜日

奄美おもしろ漂流日記

昨年の9月頃からマーちゃんは学校に行けなく成りました。色々な要因は有った
と思いますが、今年に成っても改善せず、私達の模索が始まり、私のガキの頃は
回りにいっぱいいた、やんちゃな子供を受け入れてくれる、所は無い物かと、インター
ネットで私の娘、マーの母親、を交え家族で全国の学校のホームページや山村留学等
を検索し、マーちゃんの受け入れ先を探し続け、今年2月に奄美の学校を見つけ、先方
の各関係の方達と連絡をとり、見つけてから1週間後には、マーちゃんと、母親と、私の
3名で、知り合いの全く居ない此の南の島にたどり着いた。此の最初の1歩を踏み出さなかったら
今は無いと思う。現在は先生方にも恵まれ毎日喜んで学校に行け、又島の人達の協力
で大きく育ち、外で毎日一生賢明遊びます。島で友達もいっぱい出来、毎日充実して
います。彼に取って最適な、最高な場所だと思います。私も微力ながら此の2人を見守って
行こうとおもいます。時間の有る方が下りましたら、2人のこのブログを覗いて見て下さい。
一番簡単にアクセスするには私の読者の鴨をクリックして下さい。奄美おもしろ漂流日記に
リンクします。此の写真の筏もマーちゃんお手製です。


2011年8月28日日曜日

やけうち どんと祭り。

盛りだくさんのお祭りも無事終わり夜に成って盛大に花火大会で盛り上がったお祭り
も無事終了した。私の夏休みも今日で終わり、明日上手く飛行機が飛べば東京へ
帰ります。私に取って奄美大島は竜宮城か。
大人の部のナンコ大会でもマーちゃんのお世話に成っているチームの皆さん
が優勝した。此の地区のパワーは半端じゃ無い。
優勝した直後の記念撮影です。皆良くがんばったね。
何と中学生の部で優勝しました。1週間前の相撲大会でも大活躍です。まーちゃん
も此の奄美の地に上手く溶け込んだ様だ。二人でガンバレ。
まーちゃんのチームは小中学生の混勢で他チームは中学生のチームで大分
不利だと見ていたが、スタートするとぐんぐんスピ―ドに乗り
まーちゃんの参加はボートレースで6名で漕ぐ中学生の部に参加した。
まーちゃんの母親、私のむすめ、も何とか島の祭りに参加し上手く溶け込んだ様だ。
今日は奄美の宇検村、やけうち どんと祭りに出かけた。孫のまーちゃんと母親もこの
祭りに参加します。

2011年8月27日土曜日

奄美で浦島 太郎。

海がめの赤ちゃんが見え無くなるまで子供達は見守った。大きく成ったら
竜宮城に連れて行ってくれよ。
砂浜から小さな亀が1匹ずつ海に泳いで行く。竜宮城にでも、泳いで行くのか。
海がめの子供?が砂浜から出てきて、海に戻る準備をしている情報に見に行った。


奄美で浦島 太郎。

奄美の朝日です。あっと言う間に、今日で13日間が過ぎ去った。まるで奄美の
浦島太郎状態だ。明日はやけうち どんと祭りだそうだ。見学に行こうと思う。

2011年8月26日金曜日

奄美の夕日

船でイカ釣りに行った折写したショットです。奄美の夕日は毎日劇的に変わる。其のたび
に夕日をカメラで激写する。又其の後の夜の満天の星空、こんなに星が有るとは、天の川がまるで
プラネタリュウムを見ている様にはっきり見える。流れ星も幾つも見る事が出来、昼も夜も
1日中奄美を満喫している。

2011年8月24日水曜日

カンパチ ゲット。

此のGTは前日にクルーザーのオーナーが釣り上げたGTです。これ以上
のサイズを目指します。ゲット出来るか。
肩慣らしのサイズだがどの位記録を更新出きるか、楽しみだ。
ルアーはCB正宗、135グラム。此のジグで5回のヒットで5匹ゲット。ものの
30分の間にヒットした。
今回何回か船でポイントに行ったが中々ヒットが無く今日は風が強く大物のポイント
に行けず、少し手前のポイントに入り、2回目のジギングからアタリ5~6キロを2匹
少し小ぶりを入れ計5匹をゲットした。奄美の魚は引きが強く此のカンパチはドラック
を鳴らし、少しばかりラインを出した。それにしても綺麗なカンパチだ。

2011年8月23日火曜日

奄美で旧車発見。。

S600の横で記念撮影。マーちゃんに写してもらうがアングルを外された。このやろー。
S600発見です。1965年モデルか。暫く乗っていないようで、幌も少し凹んでいる。
私のS500と同じ色でホイールもスチールで、少し手を入れれば今にでも動きそうだ。
驚きました。自転車置き場の其の奥になにやら見慣れた後ろ姿が?。
X150スペシャル。最高のコンデションで乗られて入る様だ。私も20代の頃
ランブレッタ175TVを乗っていた。カラーリングも同じでとても懐かしく思った。
4月に奄美で車の中からチラリと見た覚えの有るランブレッタです。名瀬のアーケード
を散歩中見つけました。


2011年8月22日月曜日

木登りトカゲ。

捕獲したハブを翌日役場に届けた時木登りトカゲを見つけた。人を恐れる
様子も無く、何時までも近くで逃げる様子も無く、正に奄美は東洋のガラパコスか。

ハブを発見。

此のハブは私の娘が運転中に見つけ、地元の知り合いに連絡し、捕獲した1匹
です。私も生きているハブを見るのは初めてで、びびりながら其の様子を見ていた。
次の日にも可也な大型ハブを見つけたがノロリノロリと暗闇に消えた。恐ろしい。
奄美に通う様に成って1日で2匹のハブを見た。此のハブは大物で始末
した直後のハブで未だ尻尾がピクピクと動いていた。

2011年8月20日土曜日

奄美大島の自然

私の釣った魚と一緒にから揚げにし、皆で食した。奄美の物はなにを食べても美味い。
私も江戸川で和竿で手長えびを釣ったが色も形もそっくりだ。それにしても
大きな手長えびだ。
此の日はとても大きな手長えびを捕まえた。
コバルトブルーの海、緑いっぱいの自然の山と森、其れと水がとても綺麗な渓流等
此の島は自然に包まれ、輝いて入る島です。孫のマーちゃんが此の川で良く遊ぶ
そうです。

ルアーではた?が。

煮付けにし、初魚を余す所無く全て食した。此の魚は刺身で行けそう
なので、明日はもう少し釣ろうと思います。美味い。
とても筋肉質な魚で肉がぷりぷりです。かさごの種類かも知れない。本土には居ない
タイプだと思う。
次の日、朝早く歩いて30秒の浜に下り、ルアーのスプーン7グラムで小物をからかい
に行った。2投目でガツンときてハタとおぼしき魚をゲット。奄美の初魚なので早速
朝飯のオカズにした。

2011年8月15日月曜日

奄美 大島 到着

東京から2時間足らずで、亜熱帯の島、奄美大島に到着します。あちらこちら
寄り道し夕方に目的地に着く頃余りにも綺麗な夕日に思わずシャッターを押す。
此のショットを奄美からブログの更新が出来るかテストのつもりでトライして見ます。
此れが出来ればドンドン更新出きるんですがね。

2011年8月14日日曜日

CB750Kフルレストア

私の休みが8日程台風でずれ込み暑さにもメゲズ、深夜にまで仕事をこなし大分
形に成って来た。明日15日飛行機のチケットを予約出来たので、明日から夏休み
に入ります。孫に会う為奄美大島に行って来ます。ついでに少しばかり大物釣り
にチャレンジします。奄美からブログに投稿出来るか試して見ます。乞うご期待。
段々と形に成って行く。
スロットルバルブの開度を此の時点で微調整しておく。
中々魅力的なキャブレターが組み上がった。
各ジェット類と油面等をデーターを取りながら組み上げる。
リビルトしたキャブレターを借り組みし再度分解し、セッティングを含め組み上げる。
見えなく成ってしまうが、フエンダーの裏をアンダーコートを施す。海の近く
では塩対策に成る。
外装のクロームメッキも上がり、いよいよ本組みに入る。

2011年8月11日木曜日

リヤーブレーキパネルの加工

40度近いファクトリーの中で精度を要求する仕事をこなすのは、可也厳しい。自家製の
梅酢ドリンクを飲みながら、熱中症に注意しながら何とか2台分を削り出した。細か
な加工に後1日程の作業を残す。倒れない様に頑張ろう。
面を出す所はこの様なベンチに固定しフライス加工する。パネルの固定は2点以上
確実に固定しないと、パネルが暴れ失敗につながる。
ブレーキカムホールを加工しカムを借り組みする。

ブレーキシュウの研磨

ハブに対してのシューの精度を高めブレーキの効きを高める効果を狙い1台ずつ
この様な加工をし、シューの面積を高めたり、シューの材質にもこだわる。

2011年8月10日水曜日

CR110用ブレーキパネル。

アンカーピンを圧入し、ブレーキシュウを借り組みし、ハブに入れて見る。軽い摺り合わせで
ブレーキとしての、機能が生まれる。
ブレーキシュウのアンカーピンを旋盤でクロモリのむくから削り出す。
パネルをフライスで加工しブレーキカム等精度良く取り付く様にする。

2011年8月9日火曜日

CR110用ブレーキパネル。

朝から夜遅くまで、うだる様な暑さにもメゲズ、ふらふらに成りながら何とか2台分
の旋盤加工を終了した。後はフライス加工が待っている。
ドラムに合わせながら2台分の加工を目指す。
72のパーツを漬け込んでいる間に、CR110のブレーキパネルを2台分加工する事
にした。取りあえず旋盤加工から始める。