2012年6月30日土曜日

BSA C15ヘロヘロタンク。

3個程同時にプライマー処理を施す。岩牡蠣が効いたか仕事を勢力的に
こなして行く。
ジャガイモの様なタンクを切開し板金後ロー付けで無数の穴も修復した。再度
ブラスト後プライマーで錆びを止める。

寺子屋。

塾生の中でもレベルの高い生徒の作です。BMW R26のクランク部とミッション
の本組みを確認しました。アマチュアのレベルを超えた素晴らしい仕事でした。合格。

海の幸

外房の知人から私の大好きな岩牡蠣を送ってくれた。体のリヅムとテンションが
最悪の時大好物が届き、バター焼きとカキフライを料理し早速いただきました。
此の牡蠣はとても大きく、コブシ程の大きさと身がとても厚い。今回の様に弱った
体にはもりもり力が湧き出て来る様だ。とても美味しく戴きました。ごちそう様。

2012年6月27日水曜日

定休日に木場公園。

手を伸ばせば捕まえられる距離をヨチヨチ歩き回る。その後私もびっこを引きながら
ヨチヨチ歩き何とか我が家に辿り付いた。
気が付けば私も当に定年退職の年を通り過ぎ、どうやらあちこちにガタが出て来たか?此の所
体のトラブルが続く。バイクを乗り続け半世紀を超え、体のダメージが満タンに成ったか?。
もう少し体を鍛え、バランスを整えればもう少し仕事も出来るか。

どうやら土曜日に部品を担ぎ下ろした時、右足を少し痛めた様だ。休み休み
歩いて居ると、何と小スズメが近づいて来た。餌を貰えると思ったか、此れなら
捕まらないと思ったか?中々離れない。

噴水の中にスカイツリーが収まり本日のベストシヨットに成るか。此の後公園の最深部
まで歩いた所で突如右足に激痛が走り、歩く事も出来ぬ程酷く成り、ベンチに小1時間程へたり込み、様子を見た。

珍しい花を写しながら移動する。
此の時期木場公園は綺麗な花が咲き乱れ、激写しながら足を伸ばす。
最近夜の散歩がめっきり減り、足腰の筋肉が大分落ちた様だ。昨日に続き今日も木場公園
に散歩に行った。今日は定休日カメラを持ち散歩と洒落込んだ。

2012年6月25日月曜日

ミニ ツーリング。

帰りは私がCB92に乗りミラーを気にしながら、ランペットとミニ
ツーリングを楽しんだ。旧車の乗り方、楽しみ方も継承して行きたい。
ランペットが加速体制を取ると50ccとは思えぬ加速と煙幕で逃げ切る。
私がトーハツランペットCA2、で先行し、オーナーがCB92でランペットを追う
事になる。
整備が終了した2台のマシンでオーナーを誘いミニ ツーリングを行った。

2012年6月21日木曜日

こだわり。


高級大型スポーツカーでもかなわないキュートで美的なデザイン。大人の拘りを
感じる。
エンジンフードを100ミリ程開け、エンジンの熱気を少しでも逃がす。私も
20歳の頃スバル360を改造しエンジンフードを100ミリ程開け、シャコタン360
で青春を楽しんだ。

フィアット アバルト595、とても小さな車が、とてもビックな大人の究極の
玩具に成る。
此の小さなサソリでさえ、猛毒を持ったアバルトに成るのか?。究極の1品がトッポ
リーノの車格を上げる。
大人の遊び道具にはおのおの拘りを持ち、得に男の拘りは底なしの様にどんどん深みにはまる。

2012年6月20日水曜日

フィアット500アバルト。

マイクロスポーツとでも言えるとても小さくレーシーな大人の玩具の究極の1台
に成るか?。
空冷2気筒OHⅤエンジンをアバルトチューンでスポーツ走行に耐え又
レーシーな造形を演出する。
内装もとても綺麗で、ハンドル回りもマニアックだ。
本物のアバルトでとても小さく小粋
なレーシングモデルに成るか。
当店でタンクを修理したアバルトです。
要約走る様に成り、当店に遊びに来た。

ポルシエのメガホンを製作

本格的な大人の玩具に成って来たか?。
仮組み後、本組みをし、メガホンのサウンドを確かめる。ポジションが低すぎ
取り付けに苦労する。
右がノーマル、左が今回製作のメガホンで2ピースタイプで本格的なレーシング
サウンドを奏でる。
廃材利用とは言いつつもデザイン、音量、を拘り、美的な物を目指す。
例のミニポルシエのメガホンを製作した。廃材利用でキュートなメガホンを創り出した。

2012年6月14日木曜日

修理待ち。

未だ複数のマシンが修理を待っている。首の具合も大分良く本日は1日中テスト
走行しても首にダメージが来ない。後何台か重病のエンジンをやっつけたい。

本日のテスト車輌。

溜まりに溜まった修理をこなし、本日まとめてテスト試乗をこなした。名車を
1日で此れほどテスト及びセッティングするのは珍しい。
1.トーハツランペットCA2.1961年製モデル。私の青春時代に毎日乗り
ピーキーな2ストローク50ccのレーシーなサウンドに胸が熱く成った。乗りよう
によっては現代でも通用する速さを持つ。
2.CB72カスタム。タンク、シートをアルミで作り、カフェレーサーの雰囲気
を持ちとても乗りやすい。ガビガビのマシンも整備で蘇る。
3.CB92。1959年レプリカ。整備で里帰り。あれこれダメージも含め
整備を繰り返す。もう少し試乗を繰り返すか。
4.CB750K0.オイル交換と小整備でエンジンが軽く吹けあがる。1周
で絶好調に成る。何時乗っても最高のサウンドを奏でる。
5.最後にゴールドモンキーをテストする。殆ど乗っていない新古車に成るか?
町乗りは此れで買い物にも行ける。キャブをセッティングすればオーケーだ。この様に
朝から晩までテストを繰り返す。店の中がバイクだらけに成る。

CR110用ストリートキャブの開発。

2種類のキャブを作って見た。どちらもテストしようと思う。
セッティングを煮詰めれば此れで行けると思う。
前回のキャブは不発で今回ニユーキャブをベースに新たな町乗り用キャブを製作した。

東京スカイツリー。

第二展望台からの眺めは圧巻で建物がジオラマの景色に見え世界一のツリー
の威厳を保つ。観光では無く、あくまでも視察です。
天空の眺めに成るか?雲の切れ目から町が見える。
スカイツリーを視察して来た。真下から見るツリーは迫力満点で高くデカイ。

2012年6月10日日曜日

究極の大人の玩具2.

大の大人が真剣に遊ぼうとしている。キャブを変えメガホン2本出しか?
奄美の土産でミニ宴会が始まり
ワイワイガヤガヤ、笑顔一杯で大人が遊ぶ。
此のエンジンをレーシーにチューンしメガホンでガードすればサーキットで80キロぐらい
出れば体感スピードは200キロ近く感じる事が出来るか?。
遊園地の熊さん状態。此れ1台でオジサン達の笑いが耐えない。
ドロドロに腐りきったキャブをオーバーホールし、エンジンの始動を試みる。
サイドバルブ100ccのエンジンが載り、前進2段、リバースギヤー付き。ラダーフレーム
にサスペンションがつき、後輪にはワイヤーデスクブレーキが取り付く。正に大人の
究極の玩具に成るか。
やっぱり玩具じゃねーの?。大人の究極の遊び道具。乗れるのかと、強引に乗り込む。
自然に顔が綻ぶ。
S500の横にポルシエを下ろす。スモールスポーツS500の半分位か?。何だよ
玩具か?。本人ゆわく、玩具じゃねーよ、エンジンが付いて居るからポルシエミニ
だと言い張る。昔正規代理店に展示している車両をポルシエと共にミニも高額で
手に入れた其の物だそうだ。販売促進用ミニと言う事に成るか。
早速ボルボのワゴンからポルシエを下ろす?。なんか小さい様な気がする。

ポルシエ911RS

60ボーイズのメンバーがポルシエ911カレラを手に入れた。

2012年6月8日金曜日

フアクトリーに戻り。

今屋上で田中一村の本を見て居ます。CA2のテスト2周目に左の首に異常を感じ
戻って来ました。奄美での遊び過ぎか?戻ってからの仕事に無理が有ったか?夕方
には首が左に動かす事が出来ず、痛みも出て奄美から戻り2日でダウンしてしまい
今日病院え行って来ました。こうやって絵を見るのも辛い。トホホ トホホで本日まで
ブログ更新が出来ず、何とか痛みも治まり9日から仕事を始めようと思う。

幾つかのトラブルを抱えたランペットCA2のエンジンのオーバーホールをこなし
テスト走行に入る。
Z50Mの部品を整理し
ピストンの頂部で掃気を助け、リングは3ミリ厚で3本有る。ボルドールのレース等で活躍
した同種のエンジンでフランス製だ。
4日の夕方には飛行機の無事羽田に着き、後1日遅れれば台風の影響で帰り
が遅れたと思はれる。5日から手慣らしに旧タイプのエンジンを1基分解する。