2014年2月28日金曜日

CS90RSC。




今回同時進行で3種のS90のエンジンを組み立て中だがRSCの部品が1台分有り
此れも組み上げる事にした。此のクロスミッションを元に当店オリジナルクロスミッション
を開発したがRSC用はシャフトのスプラインが64初期と同タイプで比較的細かなスプライン
だが当店のは後期用の対策スプラインを取り入れギヤー比はRSCと同じにした。
此のハイコンプピストンもS90専用に成る。

CS90タイミングギヤー。




クランクのキー溝に対し山合わせだったタイミングギヤーを抜き取り
溝に対し谷合わせにギヤーを組み直す。
此の谷合わせはホンダ車の中でも特別で私の知る限り1960年代は山合わせ
が殆どでクランクの組み直しをボーリング店等に依頼する場合其の旨を伝えないと
トラブルが起きる。今回ケースに仮組みしギヤーを抜き圧入し直したが此のやり方
はクランクの芯が比較的狂わない方法で有る。
 

2014年2月27日木曜日

CS90エンジンを組む。






何台かのS90のエンジンを組み立てに入る。此のエンジンも又ブラストの犠牲
になり変調をきたしオーバーホールを行う事に成り、慎重に作業を進める。
ブラストも大きな問題だが此のエンジンはクランクに問題を抱えて居た。
タイミング側が100分の10と芯が出ていない。クランク タイミングギヤーもS90はギヤー
の谷合わせだがこれは山合わせに成って居た。此れではタイミングが合わない。
あちこち間違いを探しながら作業を進めなければ成らない。
 

アメリカ帰りの貴婦人。





大分年季の入ったフェアレディが遊びに来た。アメリカ帰りの貴婦人は外装は穴だらけ
で醜いがエンジンは至って快調で快音を響かせ帰って行った。外装も化粧直しをして
貰えそうです。
 

私の愛機フライス盤。



私の愛機のフライス盤を綺麗に掃除をし、次に備える。此のフライスも25年程使い
洋々な物を加工し世に出して来た。使い続けて今だ何のトラブルも無い。
 

2014年2月26日水曜日

CB92ハブ加工。



フロントハブ3台分の穴加工をフライス盤で完了した。後は肌を整え
シルバーペイントを施せば完成する。

2014年2月25日火曜日

CB92スポークホールの加工。





何工程かの加工で片面18個の穴を開け両面で36ホールの穴加工に成る。
ターンテーブルのお陰で20度を正確に送り加工を施す事が出来る。

CB92対策ドラムブレーキ。




当店オリジナルCB92のハブスポークホールを加工する。ターンテーブルに
セットし20度づつ送り穴加工を施す。92のハブはマグネシューム製が多くさすが
50年も経つとトラブルを抱えスポークホールが長穴に成ったりハブにクラックが
入ったりで何時ブローしてもおかしく無い物が多く成って来た様だ。当店のハブ
はアルミ合金で腐食に強く強度も高い。今回何台かの要望が有り、3個程仕上げる
事にした。

2014年2月24日月曜日

人間国宝。



人間国宝の黒田辰秋の世界を覗いて来た。木と漆の芸術で其処に細密な
螺鈿も見られ得に木の芸術家具の作品群は息を呑む程の傑作で、どの作品
を見ても素晴らしく、何時もの事だが何か一つ欲しく成ってしまう。当然此の
様な人間国宝の方の作品など買える筈も無く唯唯見とれて帰って来た。
木と漆の作品は私も大好きでダモノは少しばかり持って居るが、矢張りピカ一
の作品が欲しく成るのは物好きの性なのだろうか。




 

2014年2月23日日曜日

C110とCR110.





片付けが完了しC110スポーツカブとCR110カブレーシングを組み上げる
準備が出来た。私に取って此の2台はどちらも魅力的で組み上がりを楽しみ
ながら作業を進めて生きたい。


2fファクトリーの掃除。





2fを片付け何とかスペースを稼ぎ出し次成る仕事の準備に入る。

ダグラス オブジェ。



店にダグラスを下ろし展示用にスタンドを起こしせットアップし、欠品だらけの
エンジンを乗せ飾って見た。昨年の状態が嘘の様に魅力的なマシンに成って来た。
 

2014年2月21日金曜日

カブレーシングCR110。





2fの部屋が片付き現在進行中のカブレーシング用8段変速のミッションで暫し
遊ぶ。当店オリジナルのミッションだが開発と熟成にもう20年程遊んでいる。
次成るCR110に組み込む予定です。

スポーツカブの部品。



スポーツカブのエンジンパーツも大分片好き部屋のオブジェにも成り、もう少しで組み立て
に入れる。最近読む本も依り古典に成って来たか。

2014年2月20日木曜日

CB125RSC





CB125Jxのダートレーサーだがステップ回りを当店オリジナル
RSCステップとブレーキペダルを取り付けリヤーパネルのケーブルマウント部
をRSCの初期のマウントと同型で製作した。カラーはアルミ無垢棒から削り
出した。今週はバイクの作業が大分はかどって来た。