2014年7月30日水曜日

ゼッケンプレート。



レースに出場するには必ずゼッケンが必要で其れを張るプレートが要る
事に成る。昔はアルミ板をくり抜き製作したが今は樹脂製で軽く又転倒しても
折れる事も無くフレキシブルで車体に沿った形状でセットアップする事が出来る。

2014年7月27日日曜日

赤いスポーツカブ完成間近。




先月から部分組みをして来たスカーレットカラーのスポーツカブ。大分形
に成り完成が近い。8月に入ると本祭りが迫り仕事が手に付かなく成りそうで
今月目一杯頑張らないと納期が迫って来る。CR110の純正カラーだが
スポーツカブを依りレーシーなマシンに仕上げる。
 

大人の玩具。



CB125JXのダートレーサーが完成した。セパハンのロードレーサーと
趣が大分違うが此れをサーキットに持ち込み全開走行すれば大人の玩具
として最高の出番が待って要る。

2014年7月25日金曜日

祭りの会合で。


6月頃から連日連夜の祭りの会合でブログの後進もままならず仕事も其の
影響で中々進まず溜まる一方で狭い店の中も洋々なバイクで埋まり出し入れ
も大変でそれだけで疲れてしまう程で何とかしないと行けない。

ジャンクパーツから宝探し。




ジャンクパーツの中から今回使用する部品を探し出し分解ブラスト後バフで
仕上げる。何種かの部品を複数仕上げる。

2014年7月21日月曜日

スコット。




歴史的にも貴重なマシンだが其れにしては過去の修理がレストレーションに
成っておらず此のタンクもガスがジャジャ漏れでペイントもワイヤーブラシで
擦った上からつや消し?ペイントで高貴なマシンも美的に見えない。タンクの
インナーコートも問題が有る様だ。修理後美的ペイントで貴婦人に成れるだ
ろうか。

トラブルメーカー。






複数の修理を時間差でこなして行く。旧車に有りがちなトラブルが次ぎ
から次ぎと顔を出す。

トラブルを検索する。




CB750を納車後オフ車のトラブルの原因を探し出す。何人かの手で修理が成され
其のつど何らかのトラブルが残り、複合したトラブルが最近多く成って来た。

CB750完了。



エンジンオーバーホール後キャブセッティングや微調整後にテスト走行
を繰り返しベストなエンジンに成り納車を待つ。透かさずオフ車の修理依頼
で店の中がぎゅうぎゅうにバイクで埋まる。

2014年7月20日日曜日

ポイントの加工。




大きく成った接点の穴にスリットを入れ見つけ出した使えそうなタングステンを加工
した穴に挿入しスリット部をカシメ半田で固定する。此の方法で旧車のポイントの
大半を直す事が出来る。

ルーカス用ポイントの修理。




1930年代のマシンに取り付くルーカスのポイントだが接点のタングステンがグラグラ
に緩んでしまい分解して見ると其の接点が外れてしまった。
イギリスで探せば有るのだろうが今回は手持ちの旧タイプポイントから接点を取り出し
加工修理する事にした。

C110 Yシート2作。




ナンバー1の穴開きが余り叩かないシートベース。ナンバー2がそこそこ叩いたシートベース。
こちらは未完だが長さも巾もナロータイプで依りシャープなレーシングシートに成る予定です。

2014年7月19日土曜日

C110 Yシート。




スポーツカブのYシートをアルミ板から切り出し製作した。1個目はなるべく
叩かなく曲げを意識し製作して見た。

2014年7月17日木曜日

幻の5速ミッション。



此れも10年程前に某所で地中深く埋まって居たエンジンを掘り起こし分解
した物だ。トーハツLD3ないしはLAX等の5速ミッションだが今で言うカセット
ミッションでホルダーに組み付けクランクケースにセットするミッションを50年
も前にトーハツは物にして居た。此のミッションを4速のLEやLAに組込めば
5速ミッションが完成するか?