2016年11月29日火曜日

茂原ツインサーキット




前回のテストでアクセルレスポンスを改良して今回も茂原ツインサーキット
でテスト走行に臨んだ。淀みなくエンジンは回転してレスポンスも格段に
向上してテストを終了した。久し振りなCR110での走行はアドネラリンが体中を
駆け巡り充実した1日でした。

2016年11月27日日曜日

2台のCR110



強烈な個性が同種を呼ぶのだろうか?CR110のレーシングとストリート
が店内に並ぶ。めったに見れないショットに成る。

2016年11月25日金曜日

CR110新なセットアップ。





前回のテストでの問題点を見直し気に成る全てを見直し新たなセッティングを
行った。音量測定が気に成りメガホンエンドの絞り過ぎやキャブセッティングも
見直しエンジンの当たりも確認し次回テストに備えた。
アクセルレスポンスの違和感は払拭出来たのだろうか。

2016年11月24日木曜日

CR110エンジンを検証する。




テスト走行で問題点を見つけ確認の為エンジンを下し分解した。
各部を点検整備後再度組み直し次回のテストに向けセッティング
を煮詰めた。

CB92組み上げ




部分仮組したエンジンを組み上げた。対策パーツで強化したエンジンは
果たしてどれ程のポテンシャルを発揮するのだろう。此処までに細かい
欠品パーツを見つけ組み上げたが探すのにも時間が掛りもう少しパーツ
の整理が必要に成るのか。

2016年11月22日火曜日

究極のエコ?





CR110のテストを終え本丸の庭の雑木を枝払いした物を竹チッパーでチップ
に成るかテストする。前回竹チップの隣に雑木のチップの山が出来上がり
塵が出ない究極のリサイクルに成るのだろうか?友達が担当して此の山を
築いた。

CR110テスト走行





茂原ツインサーキットでCR110のキャブセッティングと動態テストを行う。
此のサーキットは初めてだがコースは2面有り設備もコースもどちらも良く
今回はエンジンセッティング場をお借りして整備を行っ。
何点かの問題点を見つけ店に帰り検証する事にした。

2016年11月21日月曜日

NSU マックスが動き出す。




タンク内の腐食を取り当店オリジナルなコグを行いキャブと電装も整備して
エンジン始動後あえぎあえぎ動き出した。
長い年月の呪縛から解き放たれ5周程テスト走行で問題点を洗い出し
次ぎ成る整備に入る。

2016年11月19日土曜日

CR110雁ノ巣仕様





雁ノ巣で実際に活躍した貴重なCR110です。30年前に其の存在を知り
オーナーとレストアの仕様を確認しながら時代を残すレストアを慣行した。
ただ綺麗なレストアではこれ程の凄みは演出出来ない。雁ノ巣仕様のとても
貴重なパーツが取り付いて居る。

秋の仕事





本日はとても寒く秋を通り越し冬支度での仕事に成った。CB92のヘッドに続き
CR110をテスト走行前に欠品パーツを制作したり当時の戦歴を残すレストア
を進行する。

2016年11月17日木曜日

団塊世代のパラダイスか?





私の回りには戦後生まれで俗に言う団塊世代が大半を占める。
定年退職を迎え第二の人生を模索し田舎暮らしに憧れあちこち物件を探すが
中々安住に地が見つからない。又其の地に知り合いが居ないと不安で取っ掛かりが
見つからない。此の様な客や友達が最近多く成り私が6年賭けて探し出した話をすると
皆さん興味は持つが一歩が踏み出せず思い悩む人が大半の中私の本丸から10分程の所
を購入して早速リホームに入った友達が現れた。早速其の家を見に行くと平屋でバイク
を置くガレージも有り第二の人生の仕上げにふさわしい場所に見えた。
東京から車で1時間、自然が残り近くに海も有り釣りやツーリングが楽しめる。
クラシックレーサーを走らせるサーキットも極近くで私達バイクオタクや趣味人間の
パラダイスに成りうる場所ではないだろうか。

2016年11月16日水曜日

CB92ヘッドのテスト。


CB92のヘッドをテストする。擦り合わせの済んだバルブの漏れをエヤーブローして
漏れが無いか確認後燃焼室に入れた洗い油が15時間後に減っていないか確認する。
此処までの確認は必要無いと思うが性能を追求すると必要な作業に成る。今回は
見事合格しました。