2019年8月9日金曜日

ビンテージ ビングキャブ




1954年ドイツ製NSU マックスに取り付くビングキャブのニードルの虫食いで
性能の出ないキャブをスペヤパーツから見つけ出し交換する事で本来の性能
に近づける事が出来た。レストアの難度が年々難しく成り洋々なアプローチを
模索する。

0 件のコメント:

コメントを投稿