2017年10月26日木曜日

錆びと向き合うパートⅡ





茂原多目的部屋の雨漏れが気に成り天板を全て剥がしてダメージを確認した。
外した天板はランダムに裏庭に引き詰めた。天上リビルトは楽しみながら少し
ずつトライして行こう。

錆びと向き合う。





アバルトもフィアット850ベルリーナも錆びが酷く何処からアプローチを掛けるか
悩みが尽きない。錆びと向き合わないと解決の糸口が見つからない。

東京新美術館




時代を超越した建築家の作品群を見に行きました。此の新美の建築も
昔少し関係が有り素敵な造形は何時行っても新鮮です。今回は其処で
私の大好きな建築家の作品群は息を呑む程斬新で其の発想は天才の
成せる技なのだろう。光のテーマは心が安らかに成るのだろうか。

2017年10月20日金曜日

アバルトのフロアパネル。





アバルトの穴だらけのフロアパネルを直す為ネット検索で最高の品物を見つけ
アメリカより取り寄せて見た。数有る中からプレス型のリアルな物でしっかりした
商品をゲットしたが国際送料が大きさと重さで相当な料金が掛り海外から此の様な
大きな物を輸入する場合は注意が必要に成ります。
近々物に成るか仮にトライして見ます。
穴開きの写真を乗せて見ましたが人に依っては当時の材料が悪くフロアに大穴が開く
と聞いたが私は床に張り込むマットやラバーで蒸れて其の水分で此の様な穴が開くのでは
と想像して下ります。

畑作りにチャレンジ




春から畑を作りその都度挫折を繰り返し、今回は土の改良から雑草の根っこ
を掘り起こした。何とか小さな形だけの畑が完成しました。
疲れた体をコーヒータイムで整え次成る作業に入る。

2017年10月11日水曜日

ビンテージ耕運機発動。





眼を放すと直ぐに伸びてしまう雑草を刈り取る為にビンテージ耕運機を
引っ張り出しエンジン始動に手こずり地元の強力を仰ぎ何とか始動に成功
して雑草だらけの庭を悪戦苦闘しながら小さな畑を作って見た。
雑草の根っこを手掘りしてちゃんとした畑を目指して見ようと思います。

にわか左官屋パート3




腐った鉄骨を交換後隙間にモルタルを圧入し外装を整える。何とか知恵を出し
ながらダメージ個所をレストアする。手を入れれば古屋も蘇りレトロな雰囲気を
演出する。
 

にわか左官屋 パート2







ダメージ個所を片っ端から慣れないコテでモルタルで仕上げて行く。
凸凹仕上げだが味に成ればオーケにしてしまう。

ブルーボトル




直送のブルーボトルのコーヒー豆を頂き茂原ラボで頂いて見た。極上の
香りと味に感謝。

2017年10月6日金曜日

CB CL72多臓器不全





どちらのマシンも50歳を超える。今年の夏の大雨の影響かはたまた経年劣化か
電装を含む複合したトラブルで修理に入り入院を余儀なくされている。1か所づつ
ダメージを見つけ修理を重ねる。くしくも同じ様なトラブルで簡単には性能が望めない。
テスト走行を繰り返し多臓器不全をクリアーして行く。

2017年10月4日水曜日

茂原ラボ





片付けが進みレイアウトも何とか形に成って来ました。テーマはスピードえの
挑戦に成るのだろうか?