2017年12月31日日曜日

本年最後に





CR110ストリートにテスト試乗して納車の準備を行いトラカブも1発始動で
元気に復帰した。今年最後の日まで忙しく新年を迎え様としている。
来年はどの様な年に成るのだろうか。

2017年12月30日土曜日

フィアット アバルト595




此のマシンはオーナー自ら細部を煮詰め長期的に愛用して下ります。
小粋なアバルトも大人のハートを熱くします。

多臓器不全







コンロッドのトラブルも解消しエンジン始動を繰り返したがデスビーの進角
に問題が発生しガバナーを全分解して対策を講じた。取りあえず安定した
アイドリングを得る事が出来た。もう少しトラブルが出て来るのか?

トラカブのピストン加工




燃焼室にピストンヘッドが入り込む為前の修理でガスケットで調整して有り
暖気運転でコンロッドが外れてしまうトラブルで解決する為ガスケットをノーマル
に戻しオーバーサイズのピストンヘッドを旋盤でスキッシュ加工を施した。

タイガーカブ エンジン始動





ビンテージツールで旧車のエンジンを分解する。エンジンに火が入ったが洋々な
問題が見つかりピストンの加工に入る。

2017年12月28日木曜日

トライアンフ タイガーカブ



年内も後何日かに成って仕舞ったが此処でタイガーカブT20のエンジンをフレーム
にセットアップしてエンジン始動を心見る事にした。

バイカーズ ステーション



先月号ですがユーロ イエスタデイが素晴らしく投稿しました。此の原稿
の本人と数十年振りにお会いして積る話をする事が出来ました。
原稿や素敵な写真を毎号楽しみにして下りますが本人も又素敵な年齢を
重ね依り魅力的なジェントルマンに成って下りました。

スーパーカブエンジン始動



オイル上がりに問題有りの部品を交換したり基本整備を施したエンジンを始動して見た。
煙幕は収まり慣らしを行えば十分の活躍出来る程に仕上がったが問題も出た。
マフラーがカーボンで詰まり排気に問題有りが見つかった。此れでマフラーを交換
すれば本来の性能が望めると思います。果たしてスーパーカブは進化しているのだろうか?
 

カブのエンジンを組み上げる。




カーボンや汚れを綺麗に洗浄して部分仮組を行いエンジンの組み上げを行う。
あの大量の煙幕を除去する事が出来ただろうか?

スーパーカブのヘッドの検証






信じられない程の白煙を吹きまくり劣悪なエンジンを分解して其の原因を探り
ながら作業を進める。ピストンヘッドと燃焼室やバルブやエキゾーストポートも
含め大量のカーボンで其のオイル上がりが尋常でない事が判断出来る。
早速シートカットや擦り合わせを行い息苦しい程のポートのカーボンを除去した。

2017年12月23日土曜日

カブレーシングCR110





CR110ストリートバージョンが組み上がり本日テスト走行を行う。
クリプスコースを2周程軽く流しアイドリングから中速までを確認し
た。レーシーなサウンドとパワフルなエンジンに心が痺れて仕舞う。

スーパーカブC100




ホンダが世界進出した正に屋台骨とも言えるOHVのスーパーカブのエンジンです。
オーバーホールの依頼を受け全分解して見ました。各部の精度や作り込みは
さすがで100000キロを走り切る耐久力を持つ。
此のエンジンからコードナンバー 0Ⅹ CR110が試作段階では有るが生まれ
1ⅩCR110から2ⅩCR110に発展して行く。
ちなみに0ⅩCR110はべベルギヤー 2バルブ 5段変速 乾式クラッチ
前傾エンジンのツインカムエンジンで其の幻を見て見たい。