2015年4月20日月曜日

ノートンは凄い。




此の雑誌にノートンのロータリーエンジンが出て居るがヘッドのバルブ類を取り去り
回転弁が給排気を行う機構は斬新で他に例が無いのではと思う。戦後も此の開発
は進み一番下の写真が其の発展型に成ると思う。
ノートン社のエンジン開発は多岐に渡り1920年代から500㏄のエンジンだけでも
サイドバルブ OHⅤ OHC ツインカム ロータリ―ヘッド等4ーストロークエンジンで
此れほど洋々なエンジンを開発したメーカーは他に見当たらない。ノートン最後の頃には
バンケルタイプの2気筒のロータリーエンジンレーサーも手掛けた。ノートン社は凄い。

1 件のコメント:

  1. 拝啓: バイクの師匠様が凄いとおっしゃるのですから、ノートンは特別ですね。 イギリス製のスコットにも乗られているのを以前拝見したのですが、スコットはどうでしょうか。 どうぞよろしくお願いします。

    返信削除