2015年11月20日金曜日

対策バルブ




分解したヘッドからバルブを外してカーボンの付き方をしげしげと眺めていた。
キャブのセッティングや乗り方等も微妙に影響するがバルブ本来も問題を抱えている。
バルブフェース面のざらつきやバルブ裏側の恐らく焼き入れ時の名残りか表面に甘皮
の様に残っている物がカーボン付着の原因の一つとも言えるのではと思う
此の様な事で対策として甘皮〔非常に硬い〕を取り去りフェース面をポリッシュしスワール
効果を狙い裏面も円を描く様に鏡面仕上げを行う。此のバルブは1レース後の確認でも
バルブフェース面にカーボンは付きません。

0 件のコメント:

コメントを投稿