2015年11月6日金曜日

サンドブラスト。




CB750K0のケースをサンドブラストでケースの肌を整える。腐食や泥などで
汚れたケースを綺麗にするのだがケース内やオイルホールなどにブラストの
砂が入らない様に注意しなければ行けない。良く見る失敗例はケースのマスキング
もせずケースの内外をまる打ちしブラストの砂がケース内に大量に残りエンジンを
始動しその砂でエンジンが大きなダメージを受けたりエンジンブローにつながる。
悪魔の囁きの様なブラストは手間暇を惜しまず最新の注意とブラスト後の洗浄を
忘れてはならない。

0 件のコメント:

コメントを投稿