2016年10月30日日曜日

CB92幻の初期型シリンダー






左側スリーブにサポートホールを持つ初期型シリンダーの傷をホーニングマシン
で仕上げ数値を出す。ピストンもトップを研磨してバフ仕上げでカーボンが付きにくい
加工を施す。此のサポートホールを持つシリンダーは36年間で数個目の貴重なシリンダー
でサポートホールの効果は不明だが当時の高回転エンジンの焼き付き防止を狙った
ホンダ車の歴史を見る様な穴に成るのだろうか?取りあえず仕上げて見た。

0 件のコメント:

コメントを投稿