2013年4月3日水曜日

白い粉の正体は?

此のエンジンは過去の修理の問題点が有る様だ。エンジンを丸ごとサンドブラストで処理
し、其のブラストがエンジン内にも滲入し各部にダメージを与え更にスタッドボルトやオイルシール
の隙間に大量のパウダー状のブラストがスタンバイしていた。オーナーが此の異常にきずき
当店に持ち込んだ。やってはいけないレストアのナンバー1に上げる事が出来る。此の状態
で乗り続けるとエンジンは完全に駄目に成る。今回早期発見で何とかオーバーホールで完治
出来そうだ。

0 件のコメント:

コメントを投稿