2014年11月17日月曜日

2台のCB92。




スカーレットのCB92は前回スポーツ走行の92でエンジンの始動性も良好でキック数発で
目覚めタイムラグも無くレッドゾーンまで持って行く事が出来る。
今回修理で入庫した初期型92はテストするにもエンジン始動が著しく悪くテストまで行けない。
エンジンの問題点を全て洗い出し、エンジンセッティングを進行する。

0 件のコメント:

コメントを投稿