2014年12月24日水曜日

キックの対策




初期型C110のキックのラッチスプリングの破損でキック出来なく成り手の平
に乗る欠片が其の原因です。今回対策パーツを取り付けエンジンを組み上げた。
貴重な初期型エンジンがヘビーに生まれ変わった。此の初期型はケース上にブリザー
ホールが無くミッションシャフトからスプロケの裏にオイルの混ざったエヤーが吹き出し
チエンにオイルを潤滑する機構を持つ優れ物だ。後期型はこの様な手間の掛った機構
は省かれてしまう。

0 件のコメント:

コメントを投稿