2017年2月10日金曜日

デロルトキャブの問題を探る。





40年程前のデロルトキャブは部分的に鋳物の応力が出て仕舞い其のクラックでバラバラに
分解してしまう。其れを直すには手持ちのジャンクパーツから使える物を探し出す。40年たっても
クラックが入って居ないパーツは鋳物の応力が上手に出ているのでクラックは入らない。
どんな部品も捨てずにダストビンに入れておく事が必要に成る。

0 件のコメント:

コメントを投稿