2011年7月4日月曜日

タイム スリップ

バイク達の一人事が今にも聞こえて来る様だ。バイクのレイアウトが偶然この様
に成り、まるで2台で異国の地で話して居る様に見える。其の様を今度は私達
が見てゆっくりと時を楽しむ。
1937年製エクセルシャー マンクスマン。現オーナーは此の車両で東京を走り
廻り買い物も此れで行く。手前は1913年製メーカー名ウルフ。どちらもイギリスの古き
良き時代の乗り物です。気が付けば東京の下町、深川に腰を下ろし、のんびりと時を
過ごして居る。此の地は旧車の天国の様だ。私達がどこか痛く成ったり、愚合いが悪く
成れば透かさず、直してくれる、僕達の強い見方が居る。又何処かに旅発つまで、暫く
厄介に成るか。

0 件のコメント:

コメントを投稿