2012年4月29日日曜日

CR110シリンダーヘッドの組み立て。

丸1日を要しヘッドが組みあがる。ちなみにギヤーのクリアランス、3~5ミクロンで
本日はくたくたに成り作業を終了する。
タペットクリアランスとギヤーのバックラッシュを確認する。
仮組みを繰り返し形が見えて来る。
ギヤートレーンの要共言える、当店オリジナルアイドルギヤー。
カムホルダーも穴あき専用工具で、此処からシックネスゲージで確認する。
此の専用工具の穴にセットしジョウバンの上で研磨する。
タペットを専用工具に取り付け狙いのサイズに研磨する。
仮組みを繰り返し0,15ミリのクリアランスを探り出す。
現代のタペットに比べ大分ボリュウムの有るタペット。ハイドルリック機能を持つ
優れ物だ。
RCレーサーと同じ材質のホー金で出来ているタペットガイド。いよいよタペット
調整に入る。

0 件のコメント:

コメントを投稿