2012年6月14日木曜日

本日のテスト車輌。

溜まりに溜まった修理をこなし、本日まとめてテスト試乗をこなした。名車を
1日で此れほどテスト及びセッティングするのは珍しい。
1.トーハツランペットCA2.1961年製モデル。私の青春時代に毎日乗り
ピーキーな2ストローク50ccのレーシーなサウンドに胸が熱く成った。乗りよう
によっては現代でも通用する速さを持つ。
2.CB72カスタム。タンク、シートをアルミで作り、カフェレーサーの雰囲気
を持ちとても乗りやすい。ガビガビのマシンも整備で蘇る。
3.CB92。1959年レプリカ。整備で里帰り。あれこれダメージも含め
整備を繰り返す。もう少し試乗を繰り返すか。
4.CB750K0.オイル交換と小整備でエンジンが軽く吹けあがる。1周
で絶好調に成る。何時乗っても最高のサウンドを奏でる。
5.最後にゴールドモンキーをテストする。殆ど乗っていない新古車に成るか?
町乗りは此れで買い物にも行ける。キャブをセッティングすればオーケーだ。この様に
朝から晩までテストを繰り返す。店の中がバイクだらけに成る。

0 件のコメント:

コメントを投稿