2010年6月14日月曜日

バルブに何かが

あのいがぐりピストンがよみがえった。此処までやるとカーボンが付きにくい。後はヘッド
が待っている。

全ての傷を取り去り、仕上げにバフ掛けをする。
ピストンも傷だらけですが1個ずつ精密リュウターで処理する。
アエルマッキのエンジン修理です。今回の修理は中々手ごたえがある。インテークからエヤークリーナーの取り付けナットやワッシヤーがはずれ吸い込んだ様です。

0 件のコメント:

コメントを投稿