2010年10月18日月曜日

ロボコン

面取りやら最後の仕上げは手作業だ。此の手こそが物作りの原点だ。
当店の狭いファクトリーでは作業が此の様に成ってしまう。
旋盤を操る腕もアマチアの域を超えたか。
今回製作の作品は恐らく彼らの集大成の1台だと思う。何枚ものスパーギヤによるギヤトレン、其のセンター部のベアリングホルダー。CR110のギヤトレンシステムと同等の匂いがする。又極限にまで肉抜き
したフレームも完成の域に達している。

0 件のコメント:

コメントを投稿