2013年6月15日土曜日

トライアンフ サンダーバード。


クランクケースを分解しクランクを取り出す。本来此処までは何の問題も無く進行するのだが
各部のボルトの締め付けトルクが尋常では無く、1本緩めるのに半端じゃ無い程時間と力技
でへとへとに成る。シリンダー及びヘッドの締め付けトルクがトルクレンチで計測した結果
10キログラムを超える。常識の3倍程の力で締めた事に成るが構造的にインパクトレンチ
が使えず手で締めた事に成るが、イギリスで組まれた此のエンジンは私の常識を遥かに超える
物に成る。

0 件のコメント:

コメントを投稿