2013年6月25日火曜日

転送。



前回のダグラス シリンダーでも危険物と見なされイギリス国内の場所え転送
し廃棄処分を免れ何とか手に入れた。其の時もシリンダー イコール オイル 燃える
危険と成り輸入禁止と成ったのだが、100年近く前の部品はオイルやガソリンの匂い
も無くとても危険物とは思えない物ばかりだが、現在バイク部品は物により輸入が難しい
様だ?何とか知恵を絞りバイクの遺産とも言える部品を1点でも多く手に入れ世に残したい。


0 件のコメント:

コメントを投稿