2011年6月17日金曜日

続CRラビリンス

RCカラーに塗られた此のタイプはナロータイプと言われフィラーキャップが小さく前衛
投影面積が極端に小さい。キャップ其の物はストリートの部品で出たタンクの物と同一
で、アルミで出来ている。此のタンクはCR110後期型に付いていたと思われる。
ライン入りレーシングタンク。此れも部品の新品だが最初からラインが入っている。此の部品出
のタンクのフィラーキャップはCR93と共用で大きいタイプだ。
次にCR110レーシングタンク。此れも20年程前メーカーから部品で出たタンクです。CRの
特徴とでもゆうタンクライン無しのタイプです。此の当時のタンクはラッチの材質が悪く未使用
でもラッチが粉砕している物が多い。ラッチ其の物がアンチで出来て要る様で応力が出て粉砕
する様だ。此の未使用タンクもラッチが粉砕している。
手前のタンクは1962年生産車取り付けのタンクです。プレス全体の彫りが深くフィラーキャップ
横の出が大きく又タンク全体のプレスが丸みをおびている。フィラーキャップも部品のタンクはアルミ
だが、当時物はスチール製だ。奥のタンクが部品の新品タンクだ。違いが分かるかな?
ストリートのタンクです。20年以上前にメーカーから出た新品フエルタンクです。
現在CR110、8スピードのストリートバージョンを製作中ですが、20年程前あるバイク誌にCRラビリンス
として、書き上げた其の続を私成りの解説と推理でまとめて見ようと思う。

0 件のコメント:

コメントを投稿