2011年6月25日土曜日

続CRラビリンス。フエルタンク編

部品出のストリート用スチールタンク。ライン部のプレスでの凹みは無いがラインは入って
入る。マウス部はスチール、キャツプ部はアルミ製。
恐らくマン島を走ったで有ろう車両に取り付けて有った、アルミレーシングタンク。何回
かの転倒でパテ修理がほどこされている様で可也重い。又ペイントもラインもCRの繊細差
に欠ける。難度の高いレストアが要求される。
部品出のアルミタンク。此の手は最初からラインが入らず、全体のプレス型も少しでこぼこ
している。細かな部分にハンドワークが見られる。恐らく当時のプレスではなく新たに型を
製作し、微妙な部分を手仕事で仕上げた物と思われる。新たな視点で見れば、此の手
のタンクも労作で20年前に部品をメーカーが少数製作した事が現在では信じられない
事だ。
CR93レーシングに取り付くアルミタンクです。市販のレーシングバージョンは全て最初からアルミタンク
がセットされた。

0 件のコメント:

コメントを投稿