2012年1月26日木曜日

スタンゲリーニ。エンジン組み立ての謎№2

昨年暮れにエンジンの渋みを追い、ほぼ全バラ状態に成った。再度エンジンの各部
を確認しながら組み立てを行う事にした。まずウオータージャケット内の大量のスラッジを
確認し其れを取り除くため、洗浄液を1時間程流し続けた。

0 件のコメント:

コメントを投稿