2012年2月9日木曜日

田中 一村終焉の家。

今度は一村の絵を見に行こうと思う。奄美をこよなく愛し、感動を与える沢山の
絵を残した。原画を見るのがとても楽しみだ。
奄美の何処で見るよりも一村芸術を感じる。
庭の木々は絵の中其の物で、一村の芸術を生で見ている感覚がする。
一村の絵を写真や本でしか今だ知らず、此の地に魅力を感じ、又尋ねてしまった。
今にも朽ちそうな外木に、シダが絡まりまるでキャンバスの中の絵の様に見える。
中央画壇に背を向け、貧困の中で個性有る絵を書き続けた、芸術家と聞く。
此処に来るのは2度目です。とても小さな古い家ですが一村が此の家で亡くなったそうです。
今は此の家の極近くまで家家が建ち、此の家だけがぽつんと取り残されて居る様です。

0 件のコメント:

コメントを投稿