2013年12月23日月曜日




CB92のコックは構造的にトラブルが多くオンオフが利かなく成りガス漏れのトラブルが
多く見られる。今回取り付いていたコックをリペヤパーツで修理しようとしたが可也手が入って
おり修理不能で有り当店デットストック、赤箱初期型コックをおごる事にした。コック部にホース取り付けのバンジョウが有り今となっては貴重なパーツに成る。
これ等を解決し次ぎ成るテストで異常が起き、プラグソケットがリークし突然エンジンが不調をきたし、対策パーツで解決した。此れによりCB92はレーシー娑を取り戻し素晴らしいコンデション
だエンジンが回る。そろそろ仕上げを急ぐか。

0 件のコメント:

コメントを投稿