2014年5月23日金曜日

キャブのオーバーフロー。





CB250の修理依頼だがキャブがオーバーフローが激しいのでキャブを見て
下さいと来店したが、取りあえず各部をチェックするとコックが詰まっている様だ。
コックを取り外しカップとストレーナーのゴミを取りはり、異常な程取り付け部の
ゴミ?を除去する。此の様な場合キャブをオーバーホールしても改善されない場合
が多い。タンク内の錆びの除去に何らかの問題が有り、錆びやゴミを完璧に除去
しないかぎりキャブは調子を取り戻さない。当店スペシャルタンク内コーティングを
施し、コックをオーバーホールしキャブの油面調整をする。オーバーフローも収まり
テスト走行も満足の行く物に成った。

0 件のコメント:

コメントを投稿