2010年7月18日日曜日

ラビットのサイドスタンド

いきよいに乗りロングコース、通称マウンテンコース、に乗り出す。サイドバルブの
エンジンは良く回り60キロ以上でノントラブルでテストを終えた。ジクセイすれば
ロングツーリングも出来ると思う。
町内クリプスコースを6周、コイルを対策した事で力強いエンジンに生まれ
変わった。
これ以上元に戻りません。左に曲がる時スタンドを摺ってしまいます。スタンド
取り付け部センターにコイルスプリング1個でホールドしている。構造的に修理が意外と
難しい。各部のガタを取り、サイドスタンドに溶接でストッパー部を作りフレームに沿うように
製作した。之で左コーナーが楽しくなる。

0 件のコメント:

コメントを投稿