2011年12月3日土曜日

スタンゲリーニ

鋳物は50年を過ぎると最高の強度が出てストレスも取れると言われて居る。
まるで新品の輝きを取り戻した。
ブラックの耐熱ペイントで仕上げる。
オーバルな穴と左右の穴がエキゾースト、オーバル穴の左右がインテーク?で
此れを組み立てる時に此の解説をしようと思う。
地肌が綺麗に出て、まるで今鋳物が吹き上がった様に見える。
独特な形状をしたマニホールドとエキパイフランジです。長年の錆びとカーボンをブラスト
で丁寧に落とします。

0 件のコメント:

コメントを投稿