2011年12月20日火曜日

CB92フルレストア

エンジンドレンボルト。現代のバイクには考えられない程凝った作りに成っている。
エンジン内の鉄スラッジを磁石で吸い付け、エンジンを労わる設計に成っている。
今回ドレンにワイヤリングホールを開けた。92のY部品は最初から穴が開いている。
少しずつ組み上がって行く。いよいよ年内に火が入るか。出来たらテスト走行までいければ
と思っている。
フエルタンクとシートバランスは何とか成ったか。
ベークライトのタンクキャップと分割タイプのタンクラバーを取り付ける。
アルミタンクの裏に例の初期型コックとエヤーポンプを取り付ける。

0 件のコメント:

コメントを投稿