2011年12月24日土曜日

CB750K0エンジンオーバーホール。

スタンスを取り腰下も全分解する。
シリンダーの状態を確認する。
テンショナーのダメージが見受け取れる。これ以上走行するとテンショナーがブロー
する。
ピストンの状態を確認する。
燃焼室のコンデションを確認する。4発がバラバラでバランスが悪かったか。
CB750K0のエンジンを分解し、各部のダメージを確認した。

0 件のコメント:

コメントを投稿