2013年11月4日月曜日

警告ブラストエンジン。



最近当店に修理依頼に見えるエンジンが同じ様なトラブルを抱えて来店
する。エンジンから異音がする。煙が止まらない。オイル交換時に異常
な程汚れたオイルが出る。等購入時にエンジンがとても綺麗で気に入った
又は他店に修理依頼しオーバーホール後此の様なトラブルが出た。などこれ等
のエンジンを外から観察するとどれも似た特徴が有る。
殆どのエンジンはサンドブラストで綺麗に処理されており、物に因ってはエンジン丸ごと
ブラストが打たれ、その後綺麗にペイントされ新車時よりも綺麗な仕上げが多い。
又は大変雑な仕事でエンジンを分解せずブラストが打たれる。又は分解後ブラスト
丸打ちでマスキングを怠り、エンジン洗浄もせず組み上げてしまう。これ等の作業
は手抜き作業と同じく組み上がったエンジンに多きなダメージを与える。
様はお金を賭けエンジンを壊してしまう事に成る。
此のブラストとは別にエンジンを泥の上から丸塗りしエンジンオーバーホールと言う
業者も居る。此の様なマシンを購入してしまうオーナーも問題有りだが、これ等の
修理を何の考えも無く、現在も行って居ると思うと悲しく成る。旧車の世界で楽しく
遊べる世界にして行きたいと思うこの頃です。ちなみに写真のエンジンは全て
ブラストで問題の起きたエンジン達です。

0 件のコメント:

コメントを投稿