2010年8月1日日曜日

蛸壷ヘッドの分解

像の鼻の様に長いインテークフランジも簡単には外れません。ドリルで穴を開け
其の穴に丸タガネを入れ、熱を入れてから之も何とか外す事が出来た。蛸壷
から全てのパーツを取り外す事に成功した。
エキゾーストバルブはクリアランスが少なく昔に焼きつき其れが長い間さび付き何と
3トン以上の圧をかけ、ヘッドも壊さず取り外す事が出来た。之でエンジンオーバー
ホールの目処が付いた。
プレスで3トンの圧をかけ、それでもびくともしません。おまけにステムが曲がってしまい
其の部分をカットし再度熱をかけ、3トン以上のプレスで何とかエキゾーストバルブを抜く
事ができた。ココントコ、長い間強烈にプレスをかけた為、プレス機のオイルが大量に吹き
出してしまい、プレス機の修理が必要になった。
次にバルブを外しに掛かります。インテークは上手く外れましたがエキゾーストが
どうしても外れません。
最低減のダメージでクランプを外す事が出来ました。
何処もカシコも半世紀以上眠って居たエンジン。ちょっとやそっとでは分解出来ません。エキパイ
のクランプもアセチレンであぶり外しに掛かりましたがびくともしません。精密リュウターでカット
し何とか外しました。カットした場所は溶接で修理します。

0 件のコメント:

コメントを投稿