2010年8月2日月曜日

MVアグスタ175CS

ヘッドカバーを開けると、現代のエンジンと大分様子が違う。バルブスプリング
がコイルスプリングではなく、ヘヤピンスプリングだ。昔の高性能レーサー、たとえば
ノートンマンクス等に使われていた。最近ではドカティ等にも使われていた。新オーナーの元へ。




俗に言うディスコボランテ用のOHC175ccのエンジンです。

0 件のコメント:

コメントを投稿