2010年8月12日木曜日

バキバキフイン

フインの修整は殆んど分からなく成った。80年前の姿に戻ったか。
ウレタンペイントで黒く塗る。
フインの隅々まで丁寧にブラストする。
ほぼ修正も終わりブラストで長年の錆びを落とす。
この様に1枚ずつ形を整える。
サンダーやらヤスリでフインを整えて行く。
アルゴン溶接で鋳物のフインを1枚ずつ盛上げて行く。タイミングを間違えるとクラック
が入ってしまう。
おそらく昔此のエンジンをオーバーホールをした一人が蛸壷の認識が無くヘッドを外そうと
ハンマーでたたき割った物と思われる。それにしても7箇所も割って仕舞うとは。

0 件のコメント:

コメントを投稿