2012年3月5日月曜日

ホンダドリームE錆びの中から

欠品だらけのフレームを手に入れ、早20年の時が過ぎた。欠品パーツを手に入れたり
無い物は製作したりで楽しんで来た。今回の足回りを見つけ、そろそろ組み上げる時期
に来た様だ。

エンジン打刻で1952年型と分かる。
私の所有のE型エンジン。バラバラで手に入れ10年以上遊んでいるか。
此の写真の左端に写って入るマークがホンダレディと言われるホンダの初期タンク
マーク。A型から始まりD、E、型まで使われた。1952年まで使われた様だ。
リームの外側と内側に髪をなびかせたレディと被るようにホンダのロゴが微かに見える。
此の写真では判読が難しい。此のロゴマークは初期のホンダに見られ、私もリーム
に入るマークを始めて目にした。私のデットストックのスチールリームを200本程
確認したが1本も此の手のリームを確認出来なかった。当然此のリームをブラストすれば
此の貴重なマークは消失してしまう。如何した物か迷う所だ。


ドリームEから取り外したスチール リームです。新発見です。錆びの中を凝視すると
何と幻のホンダレディがぼんやり見える。何枚か写したので全ての写真を投稿する。

0 件のコメント:

コメントを投稿