2014年10月31日金曜日

アルミの欠けを修復する。




CR110のR側ケースカバーの欠けて仕舞ったポイントケース部を修復する。
非常に薄く又アール状の為繊細な仕事が要求される。アルミ溶接後研磨し
ポイントベースのセットと蓋を仮組みしパーツとしての機能を確認し後はブラスト
とシルバーペイントでダメージは完全修復に成る。手間暇掛かるが仕事としては
そのアプローチが面白い。

0 件のコメント:

コメントを投稿